導入事例

  1. レジェンダHRD・OD(研修・人材開発・組織開発)
  2. 内定者・新入社員研修
  3. 導入事例

レジェンダ・コーポレーション新卒入社生の事例

レジェンダ・コーポレーションでは、自社の新卒入社者に対し、内定段階の入社前研修および入社後の新入社員研修について、下図のように当サイトでご紹介しているプログラムを実施いたしました。

  • 感想:取り組んだ半年間、辛かったです。自分で設定した期日目標を達成できず、落ち込むことがありました。逆に、時間はかかったものの、成果物を生み出すことができたことは、自信になりました。また、トレーナーの先輩社員の、厳しさと優しさの両面からのサポートが心強かったです。 成長したと思うところ:仕事に取り組む際のペース配分が苦手、という、自分の弱点を発見できました。
  • 感想:沢山のワークを通じて、同期との絆が深まった実感があります。社会人になることに不安を抱いていたのですが、仲間とともに前向きに頑張っていける気持ちが生まれました。 成長したと思うところ:受講前は、何事も受身の姿勢でしたが、受講後は、能動的に取り組む楽しさ・やりがいを感じるようになりました。 その後、受講の効果として、初対面の人でも、自分から積極的に働きかけることができるようになりました。
  • 感想:大勢の社員の前でのプレゼンは、ものすごい緊張感でした。入社前に良い経験ができたと思います。同期は皆、堂々とプレゼンしていたのですが、私は緊張のあまり言葉に詰まってしまう場面があり、今後努力していく必要があるということを認識しました。 成長したと思うところ:人前で話す度胸がつきました。緊張にも耐えられるようになったと思います。事前に自分の伝えたいメッセージと、相手が聞きたいと思っていることを考慮してストーリーを作る重要性を知りました。
  • 感想:講義とディスカッションが中心のプログラムで、仕事の進め方のエッセンスを沢山得ることができました。仕事を進める際に生かしていきたいと思います。 成長したと思うところ:受講前は学生気分が抜けていませんでしたが、報連相やPDCAの大切さを学ぶことで、社会人としての意識と仕事のプロセスのイメージをつかむことができました。
  • 感想:成果を生むことに没頭したので、1日過ぎるのがあっという間でした。PDCAを回すことが、効果につながることを実感しました。チームワークの重要性も学びました。 成長したと思うところ:PDCAを実際の仕事の中に落とし込むイメージを掴めました。また、仕事のどういった面で、QCDの視点を持ち、いかにバランスをとるのか、ということも理解できました。
  • 4月下旬 クライアントミーティングに初出席
  • 感想:自分で考え、自分で動かないと進められない課題だったため、スケジュールとの兼ね合いでしんどかったが、やりがい・達成感があり、総合的に色々なことが学べたと思う。入社前からトレーナーとコミュニケーションが取れた点も大きかった。 成長したと思うところ:自発的に報告・連絡・相談ができるようになった。自分の課題が浮き彫りになってくるので、自分からスキルアップ(私の場合はPC)に取り組む姿勢が身についた。
  • 感想:多くの上司の方や先輩社員の前でプレゼンできる機会は滅多にないので、良い経験をしたと思う。自分がこれまでに何をやってきたのかを洗い出せる良い機会となった。 成長したと思うところ:自分の成果としっかり向き合い、それを自分の言葉で伝えることができたので、プレゼンに対する臨み方を認識できた。お客様の前でも緊張しなくなったのは、この経験が大きいと思う。
  • 感想:社会人になるにあたり抱えていた不安を解消でき、同期と意識を共有してモチベーションを高められた。 成長したと思うところ:同期との仲間意識が強くなり、不安を解消した状態で入社を迎えることができた。困ったときには相談に乗ってくれる同期がいることが心の支えとなっている。
  • 感想:体で覚えることもたくさんあるが、知っておかなくてはならないことを頭に入れるには良い機会だった。ディスカッションが多く、自分の考えと他人の考えとを交換でき、スムーズに理解を深めることができた。 成長したと思うところ:仕事を進めるうえで基本的な考え方や知識がついたので、配属後は初挑戦の仕事でも物怖じせず取り組めた。また、今後の仕事において障害が生じた場合に、何から考え直せば良いかイメージがついた。
  • 感想:座学で行っていた「仕事の進め方」を、楽しみながら具体的に体感できた。報告・連絡・相談が足りていなかったこと、QCDのバランスを取る難しさを痛感した。 成長したと思うところ:徐々に「仕事の進め方」を実践できるようになった。いかに予測を立て、スケジュールに落とし込むのか。またそれをどのように改善して進めていくのか意識できるようになった。。
  • 5月上旬初営業

若年層向けプログラム「内定者・新入社員研修」へのお問い合わせ・資料請求は、お問い合わせフォームまで

このページの先頭へ戻る